読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Change!

変わらずに変わる、きっとたどり着ける、いつかね!

FF13*7 旅立ち(~7章/ストーリー部分・2)

FF13

7章のストーリー感想第二弾です。
ライトさんとファングねえさん、と合流~7章終わりまでです。




女子パ(?)

PTがまた分離。ライトさんとファングねえさんです。
わあい女子だ女子だ!と喜んでたのですが、すぐにそんなことも言ってられない展開に。



ねえさんとヴァニラちゃんは下界の住人でルシで、使命を果たしたらしくクリスタルになっていた。
ある日目が覚めると何故か二人はコクーンにいた。
…ここよくわかってない(というか正確には覚えてない)んですけど、二人のせいでセラがルシになったんですよね。
だめだオートクリップよく読もう\(^o^)/
んん?ドッジが聖府のルシで、あとはみんな下界のルシ?
ああだめだわからなくなってきた。ww
ヴァニラちゃんとねえさんがちゃんとルシとして働かないからセラが新たなルシとして選ばれた?んん?
すいません要確認します。


ねえさんとヴァニラちゃんてどんな関係なんだろ。気になるな~
姉妹とかには見えないし。気になる。



その話を聞いたライトさん、ねえさんに平手一発。
ねえさんの余裕ある感じたまらなく好きですね。ねえさんかっこいい!!
ところでライトさんがルシの刻印を見せるシーンがありましたね。私にも見せて!!!ライトさんの胸元!!!!!!!




あれっなんか仲間っぽい!

ケガをしてるスノウさん。体は平気だけど心ずたぼろホープくん。
「償わせてほしい」と懇願するスノウさん。でも、ホープくんはスノウさんに助けられてきました。
彼がいなければきっとここに自分はいない。
ホープくんにだってわかっています。いくら憎んだって母さんはもう帰ってこない。
けど、憎んでいないと、戦っていないと、前に進むことができなくて。


と、そんな和解寸前のところでボス戦。ふっ飛ばされるスノウさん。
ま、待てホープくんひとりか!!!?
…まあ戦闘は別で書くので割愛しますが、イベント戦闘…のようなものだったようで、途中から女子2人が参戦。
戦闘後はなんだろうまるで仲間みたいじゃんか!って感じで初めて協調性とか絆を感じました。





ホープくんライトさんかわいすぎか(号泣)

ホープくんが心配で心配で仕方がなかったライトさん。
なんと抱き付いちゃうよ!!!!!111
ぎゃひい;;;;;;;かわいい;;;;;;;;;;;;
「守るから…私が守る…」とライトさん。
「ライトさん…僕も出来たらライトさんを守れたらって…」とホープくん。
ラブラブやないか;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ああ;;;;;;;;;;;;
ぎゃわいい;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


そんでねえさんが「こっちも気にしてやれよ~~」とスノウさんの近くで笑
完全に二人だけの世界でした。何この二人ほんとかわいい…………………………
くっつけよ……………ぎゃわいい………………………………





お家に帰ろう

と萌え散らかしたあと、いよいよホープくんの家へ。
でかい家だな…どんなお仕事なんだお父さん。絶対金持ちだ。
お父さんどんな人かな…ドキドキ…
とびくびくしながら行きましたが、なんとまあなんていいお父さんなの……
「お前の家はここだ」って…泣きそうになった。



なんかスノウさんとライトさんが二人っきりで部屋で話してるって新鮮。
にしてもスノウさんガタイ良すぎやで…さすが身長2m…
この二人なんだかんだでいがみ合いながらもうまくやっていけそうな気もしますが、スノウさんはセラと婚約してるんだよな~まあそういう展開はありえないね、とか考えてしまって、このCPにしたがる脳なんとかしたい。でもホープくんライトさんには幸せになっていただきたい(真顔)



その後やたら広くておしゃれなホープくんの家でみんなでお話。
お父さんほんとに理解のある方で良かった。スノウさんがノラさんのこと謝ったけど、事情もわかっているからか下手に激昂するようなこともなく。
めっちゃいいご両親なんだね……そりゃこんないい子が育つはずだ……。



とかなんとかやっていると再び聖府が攻めてきた!スノウさんも出ようとするけど、父親といるようにお願いします。
ああ…スノウさんのこと信頼し始めてるんや…嗚呼……
そのあと外でちょっとだけザコ敵と、更にそのあとなんかでっかいのと戦闘です。戦闘のことはとりあえず割愛。
でかいのを倒すと、何やらねえさんのお仲間らしき人たちが迎えに来ました。ねえさんかっこいい。
こうしてパルムポルムからは脱出。ホープくんの「いってきます」がとても胸に残っております。






これで7章は終わりです。
さーて戦闘も盛り沢山でしたね。ちょっと長かったですし7章。
戦闘は別枠で!