読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Change!

変わらずに変わる、きっとたどり着ける、いつかね!

FF13*5 ちょっとずつ皆のことがわかってきました(~6章)

FF13

休日引きこもってたりしたので、一気に進みました。
ので、前回5章途中までだったんですが6章も短かったし合わせちゃいます。
一気にやり過ぎて記憶がry
覚えてる限り頑張ります。



何この二人可愛すぎる

ライトさんとホープくんかわいすぎかよ!かっわいいなあ…にやにやします。
きっとホープくんのこと信頼し始めてて、同時に見守ってやりたい、というような気持ちが芽生えてるのかなって思います。
はあ…かわいいね………

ボス?はさほど苦労せず。ここで5章終了ですね。



森林浴したくなった

一方おっちゃんとヴァニラちゃん。わーなんか空気が澄んでそうないいところだな…森林浴したい。
と言いつつも「強敵がいるので避けましょう」の説明が。綺麗なところなのに恐ろしいところだ…


天候を操るやつ、思いの外めんどかったですね…
あのでっかい龍みたいなやつ存在感ありすぎ。怖すぎ。
見えた瞬間必死で逃げて天候変えに戻って…って感じでめんどいというか心臓に悪かった。笑
敵の領域?にすら入ってなかったのにね。前方に見えただけなのにね。びびりなんです、はい。


にしても天候を操るってどんな仕組みなんだ…ヴェスペリアのラゴウのあたりの話思い出した。




ボス戦?のあの2体はもう絶対倒せないよ!!!!無理だよ!!!!って叫びながらやってたんですけど、
ちまちまなんとか削って、なんだかんだで1回で倒せました。
諦めないって大事ね……(?)
にしてもBGMがなんか緊迫感なかったので普通にイベント戦闘だと思った。結構強いし。ww




おっちゃんの話

やっぱりおっちゃんはお父さんだったんだなぁ。
ドッジおっちゃんに似てる~~かんわいいww



んでまさかのドッジがルシとな…そんなに関わってたんだ、おっちゃん今回の件に。
そりゃつらいよね…自分の息子がルシになった挙句実験台なんて。
あの鳥というかチョコボはそういうことだったのかあ…ううっつらい


で、ドッジが下界のファルシを見つけたんだね。
でも使命がわからなくて、子どもにわかるはずもなくて。
息子がシ骸になることを避けるため、父ちゃんは使命を見つけたくて、果たしたくて、
パージ列車に乗り込んだ、と…。
まあ、普通に考えれば聖府ファルシのルシってことは、下界のファルシを破壊しろとかそういう使命何hじゃないかって予測しますよね。





んでその話とは決して無関係じゃなさそうなヴァニラちゃん。
ていうか過去のムービーにあなたいましたよね…?
やっぱりこの子には事情がありそう。うわわ……
語りがずっとヴァニラちゃんだったのも気になってたし。
外界を憎む発言をしたおっちゃんの言葉にひどくショック受けてたようだし…
この子下界の人だったりするのかな…うむむ…闇が深そう。