読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Change!

変わらずに変わる、きっとたどり着ける、いつかね!

FF13*9 ついに起きてしまった悲劇(8章・9章ほんのちょっと)

FF13

8章です。
物語に大きな展開が。
…あまりのショックに数日PS3起動してません/(^o^)\





ノーチラスへ!

おっちゃんとヴァニラちゃんはノーチラスへ。
おお、随分賑わってるなあ。ででにーを彷彿とさせる雰囲気。
子どもも大人も楽しんでいるみたいです。


ここはさすがに戦闘がなさそう?
7章は緊張の連続だったので、なんとなく気分が明るくなる感じです。
間違いなく気のせいですけどね…こんな状況だしね…
ヴァニラちゃん、なんだかつらそう。
おっちゃん、まるで親戚のおじさんに見えてきた笑


しばらくふらふらと移動。通過のみかな、ここ?
もしかしてゴールドソーサーみたいなミニゲームあるのかな?
なんて思いましたが、特になかったです。
あ、ちなみにFF7は自分ではプレイしたことないです。兄がやってたのを後ろから見てたのでなんとなく知ってるだけです←




チョコボかわいいよチョコボ

チョコボ探しのイベントが発生。さすがに回数多くないか?と思いましたがかわいいからオールオッケー!最後の1回全然わかんなくてかなりさまよったけどオールオッケー!www
かわいいなあこの子はほんとに……
にしてもチョコボの放し飼いをしてしまってるこのテーマパーク?すごいな。
めっちゃ行きたいんですけど…チョコボもふもふしたい………
でもここにいるってことは、チョコボに乗って移動する、とかいうのはFF13にはないのかな?



見つかっちまった

せっかく癒やされてたのに敵襲。まあそうだよな…。
逃げます。ザコ敵に地味に手こずる。私下手くそなんだなやっぱ…。



ボス戦はなんとかかんとか乗り切る。
ふたりともエンハンサーでもシェルとかプロテスは覚えてないので、もし覚えられれば楽なんだろうなあ…
今後覚えるんでしょうか。
バイオ状態に頻繁になりますが、まあHP減少は緩やかなのでそこまで気になりませんでした。
ヴァニラちゃんエスナで治してくれますしね~
なんか、「制限解除」?みたいな表示が出ても特にどっかんどっかん撃ってこなかった。なんでだろう。
攻撃でキャンセルかなんかできるタイプだったのかな?
急いでオプティマ切り替えたのにな~~笑




ドッジアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

ボス戦後
ドッジ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1
おいおいおいおいおいなにこれ…なにこれ……


急にきれいなお姉さんとドッジが出てきました。「みーつけた!」と嬉しそうに飛び出してきて…
その場でなんとクリスタルに………なんて…こったい……………
ドッジの使命は下界のルシを捕まえることだった…??なんてこったい……………


そして暴かれる真実。ヴァニラちゃんがドッジがルシになる原因を作ったことが明らかになります。
おっちゃんが今まで守ってきたのは、自分の息子の仇だった。
残酷すぎるシチュエーションですね…
逃げ出すヴァニラちゃん。そしてをれを追うおっちゃん。



ヴァニラちゃんは当然当人ですから、今まで自分がどういう人間なのかということをひた隠して皆といたわけです。
自分が悪いのに。口癖のように「逃げよう」と促して。
ここに来てそれが、いかに罪深い行為だったのかというのが、浮き彫りになった感じがしました。
もちろんヴァニラちゃんが望んでドッジをルシにしたわけではない。
望んでルシになって、クリスタルになって、コクーンに来たわけじゃない。
でも決して許されるべきことではない。
元を正せば、ドッジをルシにされてしまったことでドッジが下界のファルシの場所を見つけたんだよね。
そしてそれによってなんの罪もない、ただ近くにいただけの人々がパージされ、命を落とした。
まあそこまでは結果論とも言えるけれど、原因はヴァニラちゃんとねえさんにある、というのも一理あります。
少なくともドッジの件はほぼほぼ二人のせいだよね。



おっちゃんに銃を向けられると、目を閉じ両手を広げます。
もうとっくに覚悟していたのでしょう。自分は仇だから、復讐のために殺されることはもうとっくに。
(この辺ですでに号泣)




突然の召喚獣

再びすごいところで召喚獣登場。どうしたどうした。
で、こいつにはなかなか苦労しました。ゲージ全然貯まらん……


3回くらいだめだったので、攻略サイト様に頼る。
ふむ…ヘイストをかけると楽勝、とな。えーとヘイスト……
ヘイスト?????



まだ覚えてませんでした(真顔)



ので、スモーク?に頼ることに。これで開幕からヘイスト状態だぞー!1つしか持ってないけど仕方ないのさ!!
あとはオプティマ編成も少しいじって。
ライブラ→ジャマーとエンハンサーで色々補助→
→ヒーラーとブラスター(アタッカーだっけ…どっちだっけ)で攻撃
という感じでやってみるものの…ううん、間に合わない。ゲージ半分までしか行かない。





結局その後3回ほど。できねーーーー\(^o^)/
いくつもの攻略サイトにごく当たり前のように「ヘイスト使ってください」と書いてあったので、もしかするとこの時点での平均的なものに比べると、私はまだステータスが低いんじゃないかなと思いました。
それだけじゃなくそもそも操作が下手くそなんでしょうけど…


ポーションとかがかなり少なくて、買いに行きたかったので一度タイトルに戻ろうと思ったんですけど…
私の記憶が正しければ、さっきのボス戦とこの召喚獣の間でセーブしてないのでここでタイトルに戻ったら!連戦やり直し!と思い戻るのを断念。
…のちのち、クリアした後に攻略サイト様に「少し戻ったらセーブポイントあるよ」と書いてあってつらかったですww



まあそんなこんなでずっとリスタートで何度も挑んでたんですが、私はストーリー重視の人間のため戦闘に時間がかかりストーリーを途切れさせるというのはどうにも嫌な人間なんです。
下手なくせによく言うよって話ですけどww
そんなわけで、そろそろつらかったので思い切ってイージーにしてみました。
どれだけ変わるのかはわからなかったけど、まあすこしはマシになるだろ!先に進みたいんだ私は!ということで。
イージーにした結果…ものの2分ほどで苦労なく終了…ww
びっくりするほどゲージが貯まります。そして死の宣告のカウントが4000くらいでした。マジかよwww
あまりにあっさり過ぎて今までの苦労は一体、という感じ。ノーマルとイージーの差すげえな\(^o^)/
ようやくストーリーの続きです…。




嘘だろ こんなことがあっていいのかよ

再び銃を向けるおっちゃん。目を閉じるヴァニラちゃん。
でも、例え息子の仇だとしてもガキは撃てないとおっちゃん。…だめだつらい。


そしておっちゃんは、自分の頭に銃口を付け、その引き金を引いた。


…信じられなさすぎて、涙が出ませんでした。
こんなことってありかよ?嘘だろ?あまりにもつらすぎる。
そのまましばらく放心してました。
今まで一緒にいた、あの優しいおっちゃんがこんなことになるなんて。
でも信じたくない気持ちでいっぱいです。
だってこんなのあんまりだよ!!!!!






そのまま9章に移り別PTの皆が出てきます。
捕まったヴァニラちゃん…と、運ばれているおっちゃん…。
みんなが見ているテレビ?では「ルシが捕まった」「エデンで公開処刑」というような報道しかされていないみたいでした。
つまりおっちゃんが運ばれてるとこは映ってなかったように見えた。動揺してたしあんまり自信ないけど!ね!












おっちゃんが自決なんて信じたくもないので、本当は早く進めて確かめたい。
おっちゃんがしんじゃうはずない!って。
でもどうにもコントローラーを持つ気になれません……。
私が今まで触れてきた全作品を思い返しても、こんな展開を目の当たりにしたのはおそらく史上初のことで…マジでつらくてああ…ああ…ああああああああ……
そんなわけで8章でした。