読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Change!

変わらずに変わる、きっとたどり着ける、いつかね!

FF13*2 やっと名称覚えてきた(~3章)


日曜日ははそれなりに纏まった時間があったので、特に少し進みました。
土曜日は2時間くらいできたかな?
ということで、4章の最後の方?まで進みました。
長くなりそうなので分けました。まずは3章までざっくりと。



下界のファルシに乗り込みました

なんかこの雰囲気…私の苦手なやつだな…。
この機械チックな感じ、ちょっと苦手です。FF10-2のアンダーベベルとかむちゃくちゃ嫌いだった。


で、ここに来て初めてメニュー画面に物語を振り返ることができる項目があることに気付きました。
まだ全部は読んでないけど、ひとまずストーリー読んだら色々補完できました…。


えーと、

ファルシっていう人間じゃない機械みたいなやつの意思に従って世界を動かしてる
☆それは聖府にもあるし、下界にもある
☆下界のファルシに近付くと、取り込まれて?「ルシ」というファルシの手下?みたいなものにされちゃう
☆下界はコクーン市民にとっては敵
☆下界のファルシが、コクーンにある都市から見つかって、その近くにいた人たちがそのせいで市民に危害を与えたら大変だ!ってことで聖府が人々を追い出そうとする。それが「パージ」と呼ばれる殲滅政策

ということらしい。なるほど、やっとカタカナ覚えてきたぞ。www
(カタカナ覚えるのめちゃくちゃ苦手)



そんでどうやらスノウさんの婚約者=ライトニングさんの妹、ということらしい。
さらにスノウさんを追ってきたホープくんとヴァニラちゃん。これは巻き込まれ決定かな……\(^o^)/

ところでライトニングさんの「誰が義姉さんだ!!!」にフフッとなったの私だけ?ww
ライトングさんかんわいい…



やっぱりファルシと戦うのね!!!?

そうなると思ったよ!!!こういうのほんと怖い!やだ!って半泣きになりながら倒しました。
なんかきっもちわるいし…
というかこれ、右左のやつから倒さなくても良かったのかな?
いきなり本体狙っても大丈夫そうな気もした。うん、気のせいかな。



そんで戦闘後…
や、やっぱりみんなルシに…なるのね…(((;゚Д゚)))
で、でも使命果たせないとあの気持ち悪いシ骸になっちゃうんでしょ…?大丈夫…??
「第11日」のスノウさんとセラのリア充シーン泣きました。つらいなんだこれ……
まさかこんな序盤で泣かされるとは思いもしなかった……来年も花火見ようって約束したのにね……泣



ルシになると強くなるらしい?

ビルジ湖で諸々チュートリアルオプティマ…って10-2のあれみたいですね。
まあ今回はリーダーしか操作できないから、予め決めておいたパターンでそれぞれジョブチェンジするらしい。
おお…これはなかなか楽しい…10-2の時とは大違いd(ry)


「コマンド」でATBゲージMAXじゃなくても途中で攻撃できるようになったし。
クリスタリウム?で成長もできる。なんかこれ10のスフィア盤っぽい!わかりやすい!
テイルズで成長システム理解できなくておおん…???ってなることも多々ある私にはありがたい。
(Zのスキルのやつとかほぼ理解不能のまま1週目クリアしてしまった←)


でも、スフィア盤とは違って成長させる時の自由度は結構あるんじゃないかしら。
あれはほぼ一本道みたいなもんで、他のキャラのとこも通って行ったとしても、
ぜーんぶやればみんな同じ能力値になるってことだもんね?
けど今回のはそれぞれ使えるロールが違うし、
例えばライトニングさんはやっぱりアタッカーを一番重視して育てたいよね!とか
自分で調節できるもんね。
って、自分がそこまで出来るかどうかは別ですけど…。



ボス戦でまだうまくオプティマを使えなくて2回くらい秒殺されましたが、なんとかなりました。
難しいけど楽しいかも…!!



召喚獣

FFではお馴染み?らしい召喚獣。スノウさんの前に唐突に姿を表したお姉さま2人。
最初わけがわからずうおおおおお??!ってとりあえず攻撃しちゃったんですが(チュートリアルガン無視)、
やっぱり死の宣告でやられたので、半信半疑でディフェンダーへ。そして耐える。耐える。ずーっと耐える……
なんとかなりました。え、スノウさんて召喚士か何かなの?いや違うよな(※10の知識しかない)
とか思ってたら綺麗なお姉さんが出てきて捕まっちゃいました。
これってサイコム?の強い人?ライトニングさんの言う化け物?




ちょっとずつ話が動いてきてるのかな。
まだ序盤の雰囲気プンプンですね。
戦闘に一物の不安を抱えつつ3章終了です!